不動産業を経営している場合の不動産購入時の節税方法

ヘッダー.fw

不動産業を経営している場合、土地や建物を購入することがよくあると思います。

その土地や建物の購入に関連する節税についてお話します。

 

土地や建物の不動産を購入した場合、その購入代金以外に、購入のために使った付随費用があると思います。

付随費用として、例えば、

・印紙税

・固定資産税

・登録免許税

・特別土地保有税

・登記費用

・不動産取得税

・借入金の利子

などがあると思いますが、これらについては、土地や建物の購入代金に含めずに、

支払った時に、即時に経費とすることができます。

当たり前のことかもしれませんが、意外と、

上記の付随費用が、土地や建物の不動産購入代金に含まれているケースは少なくありません。

 

上記の付随費用を不動産購入代金に含めてしまうと、その不動産が売れるまで、経費化されません。

 

特に、不動産販売の場合は、土地や建物を購入して、その後すぐに売れる可能性は高くはありません。

従って、不動産を購入した時の付随費用を、購入代金に含めていると、

その付随費用の経費化が遅れてしまうのです。

 

節税の一つの手段として、早期経費化がありますが、

まさに、不動産購入時の付随費用の即時経費化が、節税のための早期経費化になります。


あわせてに読みたい関連記事

Copyright(c) 2011 税理士法人T-FRONT All Rights Reserved.