会社が、役員や従業員にお金を貸した場合、利息はどうすればよいか?

ヘッダー.fw

税務上、会社がお金を貸した場合は、その貸したお金に対して、利息を徴収しなければなりません。

これは、社外の人にお金を貸した場合に限らず、

社内の役員や従業員にお金を貸した場合でも同様に、利息を徴収しなければなりません。

 

それでは、いくらくらいの利息を徴収すればよいかというと、

いくらでもokというわけではなく、下記のように税法に定められております。

 

  1. 会社に銀行等からの借金がある場合は、その借金に対する利率の平均利率を採用

  2. 1.以外の場合は、年利4.3%を採用

 

ただし、役員又は従業員が、災害や病気などにより、緊急で多額の生活資金が

必要となった場合に、会社がお金を貸したときは、

その貸付金の金額や返済期間が合理的であれば、

年利4.3%より低い利率を採用しても問題はありません。

 


あわせてに読みたい関連記事

Copyright(c) 2011 税理士法人T-FRONT All Rights Reserved.