会社の社員旅行で海外旅行でも経費になるか?

ヘッダー.fw

社員旅行へ行く場合は、国内旅行であろうと、海外旅行であろうと、

間違いなく経費になります。

 

ただし、注意点があります。

経費といっても、その社員旅行の内容によっては、

 

→福利厚生費として認められる場合(全額経費)

→交際費として認められる場合(10%経費除外)

→給料として認めれる場合(全額経費ではあるが、従業員が源泉所得税を負担しなければならない)

 

と、3つ分けられます。

上記3つとも経費に変わりないのですが、

節税の観点から言えば、福利厚生費として処理されるのが一番です。

 

それでは、どういう内容の社員旅行であれば、福利厚生費として全額経費になるか?

 

それは、以下の3つの条件を満たすことです。

 
  • 旅行に要する期間が4泊5日以内

海外旅行の場合は、目的地での滞在日数が4泊5日以内であればok

 
  • 旅行に参加する従業員等の数が50%以上であること

 
  • 旅行費用が一人10万円以内

 

 

ちなみに、社員旅行への不参加者に対して、旅行費用相当額を支給した場合は、

その支給した旅行費用相当額が、給料として認められ、もらった従業員には税金がかかります。

 

また、以下のようなケースだと、社員旅行費用が給与とみなされます。
  • 4泊5日を超えた場合
  • 従業員参加割合が50%未満の場合
  • 旅行費用が1一人10万円を超えて高額な場合
 

さらに、以下のようなケースだと、社員旅行費用が交際費とみなされます。
  • 豪華なホテルでの宿泊
  • 高級レストランでの食事
  • 常識を超えた遊び(ギャンブル費用・風俗代など)
 


あわせてに読みたい関連記事

Copyright(c) 2011 税理士法人T-FRONT All Rights Reserved.