社長や役員が会社に貸しているお金について、利息をもらうことはできるか?

ヘッダー.fw

中小企業の場合、社長や役員が、会社にお金を貸しているというケースは少なくありません。

このようなお金を【役員借入金】というのですが、

この役員借入金に対して、利息を払うことができます。

「利息を払うことができる」なので、利息を払わなくてもokです。

 

仮に、役員借入金に対して、その役員に利息を払うのであれば、

その支払った利息は、会社の経費にすることができます。

 

ただし、利息と言っても、いくらの利率でもいいわけではなく、

税法上、適正な利率でなければ、経費にすることはできません。

そして、税法上の適正な利率が下記のとおりです。

 
  1. 役員が他から借金をして、会社に貸している場合は、その借金の利率を採用
  2. 1.以外の場合は、会社が銀行等から借り入れるとした場合のその借金の利率を採用
 

上記の利率を超えて、会社が、役員に利息を支払った場合は、

適正な利率を超えた部分については、経費から除外されます。

 

つまり、適正な利率であれば、

社長や役員が会社に貸しているお金については、利息をもらうことができ、

かつ、その支払いは、会社の経費にすることができます。


あわせてに読みたい関連記事

Copyright(c) 2011 税理士法人T-FRONT All Rights Reserved.