抜き打ちの税務調査

ヘッダー.fw

こんばんは。税理士の大倉です。

税務調査のお話をしたいと思います。

税務調査は受けたことがある方はわかると思いますが、

通常会社か顧問税理士に連絡が入り、日時と場所を調整します。

しかし、抜打で調査が入る場合もあるのです。

大体6%ぐらいは抜打だと言われています。

抜打調査が来たら、「帰れ~」と塩を巻たくなるでしょうが、落ち着いて対処しましょう。

任意調査の場合は、不意打ちの調査に応じる義務はありません。

正当な理由があれば拒否することができるのです。

例えば、

・調査官が身分証明を定時しない時

・調査によって営業活動が停滞してしまう時

・私生活の平穏が著しく害される時

つまり、

抜打ちで調査が入っても慌てる事はありません。

要件を聞いて、任意調査と言ったら、

「今日は仕事で忙しいのでお昼頃会社の方に電話を下さい。

それから改めて日程を調整させてください。」




と言い帰って頂けば良いのです。




税理士が立ち会わずに調査を受けるのは危険です。

不意に調査が来たからといって言いなりにならず、主張する事はしっかりと主張をして下さいね。


あわせてに読みたい関連記事

Copyright(c) 2011 税理士法人T-FRONT All Rights Reserved.